FC2ブログ

私はあなたのトイレです2

人間便器に憧れる、豊満好き、熟女好きマゾヒストのブログです。

美熟女様採録(12)犬の訓練

ドッグフードも食べなければならない

●犬訓練

日曜日は5時過ぎに目が覚めました。
充電しておいた新しい鬚剃りをあてます。
モーターが静かでスムースで感動。
「飼い主様ありがとうございます」
身支度をして、エプロンを付け、台所へ。

書き遅れましたが、エプロンは3枚。
普通のワークタイプのエプロンですが、丈が短くて掃除等には良いのですが、恥ずかしい思いに苛まれます。

7時過ぎに飼い主様が起床されます。
土下座して
「おはようございます」
朝食を出せるように調えます。
暫くして食卓に。
お出しします。
半分と少し召し上がられサプリメント。
残ったものを洗面器に。
「飼い主様ありがとうございます」
「珈琲を淹れたら足元で犬食いせよ」

ソファの足元に移動し、見詰められながら必死で食べます。
これがなかなか食べ難い。
「全部食べるのよ」
「はい」
少し残っていますが、
「よし」
土下座してごちそうさまでしたを言おうとすると、
「そのまま」
四つん這いで、
「ごちそうさまでした」

「今日は一日、私が許すまで犬として扱う。犬になりきるように」
「はい」
平手。
「犬は喋らないでしょ」
「ワン」
「お前は飼い主の言葉だけは理解できる犬」
「ワン」
「昨日買った首輪とリードを持ってらっしゃい」
「ワン」
「急いで」
「ワン」
四つん這いで袋を取りに行きます。
咥えて戻ります。

「お座り」
お尻を床に付けます。
自分が一層情けなくなります。
エプロンを外して下さいます。
平手。
「お礼!」
「ワン」
反対の頬に平手。
「ワン」
反対側をぶたれます。
わけがわからなくなり口ごもります。
「お礼はワンワンでしょ!」
「ワンワン」
「そう」
袋から首輪を出して付けられます。
飼い主様のよい香りがします。
胸元に目が。
平手。
これはうっかりでした。慌てて、
「ワンワン」
「どこ見てたの」
顔をあげられ睨まれます。
「ワン」
「ごめんなさいって言ってるの?」
「ワン」
「うっかりしてましたって言ってるの?」
「ワン」
「あのね、犬語には反省はないのよ。
お許し下さいもないの。
だからなんて鳴いても無駄よ」

胃がギューとなるような緊張感。
少し吐き気がしました。
怖い。助けて。お願いです。
心で念じました。

●乗馬鞭

立って書斎へ。
戻られると手に乗馬鞭と目隠し。
「犬だから逃げないように付けておきましょうね」
リードを付けられます。
さらに強い平手。
「ワンワン」
涙。
「まったく躾が出来てない犬だから仕方がない。
骨の髄まで痛め付けるから。
返事!」
「ワン」

目隠しをすると、震えがきました。
本当に手足が震えました。
立ち上がる気配がして、寝巻きがソファに脱ぎ棄てられる音がします。
きっと裸だと思いました。勃起。
「いくわよ」
痛い。苦しい。呼吸が不規則になります。
打たれたところがジンジンします。
何度も何度も打たれました。
泣きたいのに涙が出ません。

突然鞭が止みました。
「仰向けに寝なさい」
どこかに行かれる足音がして、また戻られました。

突然ももにすごい痛み。
先ほどとは異なる重い痛みが走ります。
すごい音がしてまた重い痛み。
身を捩ります。
「じっとしなさい!」
掌を足で押さえつけられ、首から下、足、股間を打たれました。
鞭が腹に落とされます。
四つん這い。
痛みと衝撃に苦しみながら、
「ワン」
すぐに
「ワンワン」
出なかった涙がこぼれてきました。
目隠しから頬に流れます。
泣きました。

「少しはこたえた?」
「ワン」
「クリームを塗るから近くへきなさい」
声のもとに目隠しのまま近寄ります。
痛い。辛い。苦しい。
「じっとしてなさい」
またよい香り。勃起。
乳房が頭にかすかにあたりました。

背中にクリームが塗られます。痛い。
お尻にもクリーム。痛い。
「シャワーを浴びてくるから、そのままにしてなさい」
「ワン」
暫くして戻られると洋服を着ていました。
目隠しを取られました。
お好きなワンピース。
しゃがんで腹の辺りを見られます。
珈琲をもってソファに。

●一人になっても犬

「今日は犬なのだから伏せ、お座り、ちんちん以外の姿勢は認めない」
「ワン」
「気に入られるようにせよ」
「ワン」
「お座り!」
「ワン」
珈琲のよい香りがして、テレビを見られます。

「今日は午前中出掛けるから、良い子でいるのよ。
水はあげるから。
トイレは洗面になさい。
伏せ!」
「ワン」
「よし。そのままにしてるのよ」
プラスティックの容器に水をたっぷり入れ置かれます。
少しして出て行かれました。

苦しくて、情けなくて、気が変になりそうでした。
ソファに脱がれた飼い主様の寝巻の匂いを嗅ぎました。
汚しそうで怖くて、すぐに顔を離します。
どうしてこんなにも辛いのか。
自問しました。
水を飲みます。

飼い主様がお出かけになった後は何もできない苦痛に苛まれました。
空しくなります。
テレビを見れたらどんなにか良いのにと思いました。
足も痛んできます。
とてもとても長い時間に感じました。

12時前に飼い主様が帰宅。
チャイムが鳴り、玄関へ駆けつけるべきか一瞬悩みましたが、お出迎えに。

「ワン」
「チンチン」
「ワン」
恥ずかしいポーズ。
足が上がります。
「キス」
平手。
「ワンワン」
靴を脱がれます。
すかさず口で直します。
リードを持たれリビングへ。
付き従います。

●ドッグフード

ソファに座られ足を出されます。
四つん這いで舐めると、
「チンチン」
「ワン」
「そのままで、お舐め」
「ワン」
舐めます。
足が痛くなります。
苦痛。足が痛い。
口がおろそかになりそう。
その時ピザが届きました。

「伏せ」
玄関へ行かれます。
ビールを持って戻られると、ソファテーブルに。
ピザの香り。
箱を開けてお座り。
「ワン」
テレビを見ながらお食事。
美味しそう。
目のやり場に困ります。
上品なワンピース。勃起。
食べたい。
半分と少し食べて手を拭き、私に
「お前も食べたいか?」
「ワン」
「食べたいのね」
「ワン」
立ち上がられ、嫌な予感。

予感的中。
ドッグフードと餌ボウルを手に。
私の前でかがまれ封を開けます。餌ボウルへ。
特有の匂い。
平手。頬がジーン。
「食べたくないの?」
「ワンワン」
「感謝してるなら喜んで食べなさい」
「ワン」
口を付けに。
「待て!」
もうお許し下さいと心の中。
「チンチン!」
ポーズ。
「本当に食べたい顔をするまで続けるわよ」
「ワン」
「よし!」
食べます。
特有の匂いが鼻につき、勇気がいります。
食べます。味があるけど味がしない。
食べ難い。食べたくない。
でも食べました。
飲みこみました。

飼い主様は食卓へ。
お茶を持って戻られます。
情けない。
ソファに座り無言で見られます。
胸が詰まります。
思わず顔を上げるとワンピース姿の飼い主様。
無言。

続きを食べます。
げっぷを堪えます。
完食。
「よし」
近寄られ首輪を外されます。
「今からは奴隷に戻ってよい」
「飼い主様、ありがとうございます」



   ◇ ◇ ◇

ドッグフードは食べづらいでしょうね。
製品の開発者は自分で食べてみるそうですし、
安全上は問題ないことはわかってはいますが、それでも・・・。

>「本当に食べたい顔をするまで続けるわよ」

飼い主様のこの一言にグッと来ます。
同様の言葉はこれまでにもありましたし、これからも出てきます。

例えば、
一晩中直立不動で反省させられ一本鞭で打たれた後、
飼い主様を玄関でお見送り「行ってらっしゃいませ」に対して、
>「ぜんぜん気持ちがこもってないわよ」

足舐めを命じられて、舐めていると、
>「真剣に舐めろ」

つまり、奴隷は命令に従うだけではいけない、ということです。
体を差し出すだけではなく、心も差し出せと。
命令に服従するのは当然だが、常に、喜びをもって遂行しなければならない。
飼い主様は奴隷にそこまで要求しているのですね。

奴隷の心の奥底まで、ご主人様の所有物なのです。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2008/06/03(火) 01:22:46|
  2. 美熟女様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<美熟女様採録(13)嘔吐 | ホーム | 美熟女様採録(11)外で買い物>>

コメント

No title

一段と奴隷調教が、厳しい物に成って来ました。
私如きには、とても堪えられない事ばかりです。

女性の奴隷とご主人様の関係ですと、殆ど性的な関係が有りますし、巷のSMクラブ等もメーンのプレイは、性的な行為だし、ご褒美プレイも有ります。

筆者さんは、奴隷と飼い主様だけで自慰行為も禁止されて。プレイ的な事は、排除されてます。

筆者さんは、かなり特殊な例だったと思いますが、ゴミムシ様は憧れている!とおっしゃってました
やはり私なんかと、レベルの違いを見せ付けられました
  1. 2008/06/03(火) 16:29:30 |
  2. URL |
  3. 舐め猫 #RK.VpuaE
  4. [ 編集]

No title

舐め猫さん
私、この飼い主様と似たタイプの女性と出会って、
こういう厳しい調教にとても憧れるようになりましたが、
私自身のレベルは低いですよ(^_^;)。

写真はうんこでなくドッグフードです。
これを全部食べろといわれたら・・・
泣きますね。
  1. 2008/06/04(水) 01:41:49 |
  2. URL |
  3. ゴミムシ #YYXijW82
  4. [ 編集]

No title

↑秘密コメントさん
応援メッセージありがとうございます。

リライトは採録を始める時点で全部終わっています。
もっと大幅に手を入れてしまう方が、日本語としてはよくなると思いますが、
他方で、資料性を考えた場合、極力余計なものを加えない方がいいので、
最低限におさえました。
  1. 2008/06/04(水) 01:47:58 |
  2. URL |
  3. ゴミムシ #Bko9eEeI
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://anatanotoire.blog51.fc2.com/tb.php/293-876ab1c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゴミムシ

Author:ゴミムシ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる