FC2ブログ

私はあなたのトイレです2

人間便器に憧れる、豊満好き、熟女好きマゾヒストのブログです。

美熟女様採録(10)疲れと空腹

「鞭で打って下さい」

●一本鞭

6時半前に飼い主様が起床され、リビングへ。直立不動のまま
「飼い主様おはようございます」
飼い主様は私の存在を無視して新聞を取りに行かれ、珈琲の準備。
新聞を手にソファに座られました。
焦る直立の私。

私の目前で新聞を読み始められました。
「嗚呼、どうかどうかお許し下さい。助けてください」
と心で強く叫びました。

しばらくして新聞を置かれ、
「お座り」
安堵して床に正座しました。少し沈黙され、
「正直に話しなさい」
話しました。
ソファで居眠り。
「罪を認めるのね」
「認めます」
思わず飼い主様の足の甲に顔を擦り付け、泣いて詫びました。

「それなら自分から罰を申し出なさい」
「どうか罰をお与えください」
「どんな罰を望むの?」
覚悟を決めました。
「鞭で打って下さい」
「耐えるのよ」
「はい」

戻られると手に鞭と目隠し。
初めて見る鞭。
一本鞭。
身震いします。
言葉がでません。
無言で目隠しをされました。

四つん這い。
「背筋を伸ばせ。腕をまっすぐ。頭を下げるな」
真っ暗闇の恐怖が襲います。
シルクパジャマを脱がれソファに。
恐怖。
身を切られるような鋭い熱が走り、すごい痛みに襲われました。
身を捩ります。
無言。
また衝撃。うぎゅ。
少しの間。
こわばる腕にさらに力を入れます。
パーンという音。切られたような痛み。
もう一発。
崩れました。
背中が熱く、涙が出せません。
「正座しなさい」
背中に痛みを感じつつ
「終わった。なんとか助かった」
まだ目隠しのまま。

暫くして戻られると、私の目隠しを外しました。
出勤の装いに。
ソファに腰掛けられ
「ちかくにいらっしゃい」
身を寄せると頭を下に下げられ、そのまま。
無言で何かのクリームを鞭の跡に塗られました。

●空腹

珈琲とヨーグルト、ブルーベリーを出すようにいわれ食卓に。
飼い主様が座られます。
給仕の姿勢。

今日一日の指示。
「昨晩言い渡したように、今日は一切食べさせない」
痛みと疲れで食欲はありません。
「外出禁止。
掃除もなにもかも詫びながらせよ。
10時から1時間おきに反省のメール。
水は飲んでよい。
帰る時間は言わない」
黙って聞いていると、
「返事」
「申し訳ありません。承知致しました」
緊張。

立ち上がり強い平手。
「目を覚ませ」
玄関へお見送りに。
「行ってらっしゃいませ」
土下座。
「顔をお上げ」
平手。
「不満なの?」
「ありがとうございます」
「ぜんぜん気持ちがこもってないわよ」
目に涙が浮かびます。
「ありがとうございます」
「しっかりやるのよ」
もう一度土下座して
「ありがとうございます」
ドアが開き閉まり一人になりました。

●疲れ

一人になるとすごい疲れが押し寄せてきました。
横になりたい。
でもかなわないことは承知しています。

重い頭と体を引きずるよううにして命令に従います。
念のため9時50分に携帯のアラームを設定。
洗濯機を回し、リビングから掃除を始めました。
体を動かしていると少し楽になります。

携帯アラーム。
昨日からの不始末をお詫びし、戒めながら掃除している旨を送信。
いつもそうですが、念のために送信ボックスで確認します。
また設定して掃除。

玄関。
数日前に玄関の埃を指摘され、土下座して詫びるとそこを舐めさせられました。
舌がザラザラ。

空腹が襲ってきて少し気分が優れなくなります。
水を飲みました。
「飼い主様ありがとうございます」
反省メールでも報告。

12時の送信時、こんな内容でと不安になります。
正直にお詫びし、
「自分の悪い所を見つめ反省しております」
お返事無。

午後からまたすごい疲れが来ました。
胸が苦しい気分に。
飼い主様、助けて下さい。

午後からお仕事の練習を始めましたが、眠くなります。
立ってバルコニーへ。
少しだけ秋の気配を感じます。
思わず苦しさを書きそうになります。

焦って思い直し、今の私の置かれた状況は、飼い主様の奴隷として向上するための学習だと思います。
反省。
水を飲みます。
繰り返し。

帰宅は夜になると覚悟。辛い覚悟。身悶え、勃起。

●食事の香り

6時半ごろ飼い主様は帰宅されました。
すぐに玄関へ。

「お帰りなさいませ」
靴にキス。
「戻るまで靴の中の匂いを嗅ぎなさい」
汗と革が混ざった匂い。
空腹のためか胸焼けしそうな錯覚になります。
もう片方の靴の中に鼻を入れると、電話をしながら飼い主様が戻られました。
頭を足で押さえ付けられます。
そのまま。
電話。
通話終了。

「ありがとうございます」
「私が浴びたら、お前もシャワーを浴びて頭を洗いなさい」
「ありがとうございます」
お洋服を掛けて、お荷物を片付け、夕食のことを思うと、お風呂から出てこられ、
「行っておいで」
「ありがとうございます」

気持ちが好い。
拭いてリビングへ戻ると、飼い主様が食事の準備。
良い匂いがします。食欲をそそるような匂い。
お手伝いを申し出ると、
「食器だけ出しておけ」
選択に迷います。
無難な大きめのお皿と小皿お箸、コップなどをお出しします。一瞥。
「用が無いなら直立不動」
慌てて目障りにならない位置で立ちます。

美味しそうなお食事。
飼い主様はお料理の手際が良く凄く上手です。
目線に苦労しながら、ビールをお注ぎします。

食後ソファに。
片付けてお皿などを洗い、珈琲を淹れます。
ソファで寛ぐ飼い主様に珈琲をお持ちし、土下座。

足で合図。
指から舐めます。
一生懸命舐めます。
指を咥えて舌と唇。
一本一本。
裏。
足を変えられます。
香ばしい珈琲。飲みたくなります。
同様に舐めると、カップを置かれ立ち上がられます。
お礼。

「私は今から書斎で過ごすが、お前は入れたくないので眠かったら今夜は寝てよい」
「ありがとうございます」

寂しい。
空しくなります。
あまりにも疲れていたので、最後の片付けをして部屋に戻りました。

横になると色んな思いが去来しました。
泣きたい気持ちでしたが、疲れて体と頭が重く泣けません。
消灯すると空腹を感じましたが、すぐに意識がなくなりました。



   ◇ ◇ ◇

帰宅した飼い主様の命令が素晴らしいですね。
靴の中に鼻を入れて匂いを嗅がされる。
飼い主様はどこかへ行っても、奴隷はそのままです。
これは一枚の絵です。

戻ってくると、電話をしながら奴隷の頭を踏む。
これもまた、見事な一枚の絵です。

こういう絵柄の作り方が、飼い主様はとても上手だと思います。
ここでもやはり飼い主様の頭の良さを感じてしまいます。

疲労困憊で浴びるシャワーは、さぞかし気持ちがいいことでしょう。
忘れていた“人間の感覚”が戻ってきた感じでしょうか。

けれども、空腹と睡眠不足はまだ癒されていない。
飼い主様の食事の香りが、体に堪えているはずです。

ただの地獄ならまだしも、
そばに天国があるのを知りながらの地獄は、
たまらない苦痛でしょう。

食事の禁止を言い渡したら、本当に一日食べさせない。
厳しい調教です。
空腹と寝不足と疲労だけが、床につく奴隷の同伴者です。

スポンサーサイト
[PR]

  1. 2008/06/01(日) 06:32:47|
  2. 美熟女様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<美熟女様採録(11)外で買い物 | ホーム | 美熟女様採録(09)直立不動で>>

コメント

No title

豊満ではありませんがヒップの形が実に
美しい女王様ですね!便器になりたいです
  1. 2008/06/01(日) 10:19:13 |
  2. URL |
  3. トロ #7oT9DRB2
  4. [ 編集]

No title

トロさん
ぷっくりとふくらんで、魅力的なお尻ですね。
可愛らしい女性なのに、鞭打ちは強烈です。
本文の飼い主様も、こんな鞭打ちをなさったのでしょうか・・・。
  1. 2008/06/02(月) 00:19:02 |
  2. URL |
  3. ゴミムシ #7SOCYH.g
  4. [ 編集]

No title

古い写真への書き込みで恐縮です。
この写真、M男のミミズバレがたまりませんねえ!
どんな言葉で攻められたんでしょうか?ゴミムシさんの文章のような言葉攻めだったらタマリマセンよねえ!

小生所有のSM映画でもS女が鞭打ちするんですが、やっぱり言葉が重要ですよね?
「お前の血が見たい!」
「痛みが快感にかわるまで、お前が痛みをくださいと言うまで許さない!」
「顔をお見せ。よーし、奴隷の顔になってきた!」
等々。
鞭打ちも私の密やかな願望です。
  1. 2009/04/03(金) 10:50:46 |
  2. URL |
  3. たくぼん #x9ryBg8A
  4. [ 編集]

No title

たくぼんさん
コメントありがとうございます。
古い投稿も全部生きていると思ってますので、嬉しいです。

この鞭打ち写真、私も好きな一枚です。
女性の残酷さがなんとも言えませんね。

おっしゃるように言葉は重要ですね。
私の場合は、大袈裟な抑揚をつけたり、演技的な言葉よりも、低めの声でボソッと言われるほうが、恐いし、感じます。
そういうビデオがないか、探してるんですが、なかなか見つかりませんね。

なお、本文は私の文章ではなく、「美熟女様・・・」筆者の文章です。
これに近い言葉は、きっと本当に発せられたんでしょうね。
  1. 2009/04/05(日) 14:42:09 |
  2. URL |
  3. ゴミムシ #/WsynXRE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://anatanotoire.blog51.fc2.com/tb.php/291-5aae8f5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゴミムシ

Author:ゴミムシ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる