FC2ブログ

私はあなたのトイレです2

人間便器に憧れる、豊満好き、熟女好きマゾヒストのブログです。

ヴァーチャル・アングル

終わったら舌を使うのよ

久しぶりにスタントン。
見る者が便器の中にいるヴァーチャルアングルです。
以前にも一枚、似たようなアングルを出しましたが。

すいません、今日は手抜きです(^_^;)。
あ、見ればわかりますね。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2008/04/01(火) 22:57:35|
  2. Stanton(黄金)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<宮本冷子さん | ホーム | 理由なき鞭>>

コメント

No title

このS女性様は、覗かれながら舌を差し伸べてサインを送っていらっしゃいますね。

恐らく、御使用後の後始末を命じられているのだと推測できます。

嗚呼、まさにそのとおりの御命令でした。
  1. 2008/04/02(水) 02:10:28 |
  2. URL |
  3. コプキュラリラス #xplPi5Nw
  4. [ 編集]

No title

画像みてるだけで、物語が出てくる感じだねぇ^^

  1. 2008/04/02(水) 19:07:30 |
  2. URL |
  3. 雪 #qDGA3mY.
  4. [ 編集]

No title

洋式便器と和式便器
どちらになりたいかは迷うところです。
どちらも一長一短で、と言うよりも百長一短で、結局はどちらででも使われた
いですね。

5年ほど前に介護用の洋式便器を買って頭を便器の中に入れられるように穴を
空けたことがありました。
買ったホームセンターから当時お付き合いをしていた女子大生のS様に、こん
な物を買ってこのように改造するつもりですと電話すると
「じゃあ、私が座ったら中が暗くなるでしょうから、中に照明をつけたら」との
アドバイスで、電池式の照明を両面テープで中につけたことがあります。

後日、ラブホに持ち込んで試したのですが、女王様は座って本を読むからと、小
説を一冊購入して持って来てくださいました。
頭を差し入れて全裸で寝ていると、ハイヒールの音だけが床を打ち、近づいたか
と思うと便器の蓋が開き、私を見下ろす女王様がニヤニヤとしながら、パンティ
を下げて座られたのです。
本を読みながら、いつ降り注いでくるか解らないお宝の水を待ち望んで、餌を待
つ小鳥のように必死に口を空けて待ったものです。
男根は驚異的に勃起したままだったらしいです。

首がやっとはまる程度に切り取っっていましたので、便所紙のお役目は出来なか
ったのが残念でしたが、首を押さえてまったく動けない状態は、便器になりきっ
た感覚でした。
和式便器は女王様にとっての床を境に、上の世界と下の世界がはっきりと分離さ
れた感覚が良いですね。
似たような物を作って試したことがあります。
女性にとってマゾヒスト男性は、やはり、便器としてのお役目が身分相応ですね。


  1. 2008/04/02(水) 21:33:11 |
  2. URL |
  3. 健太郎 #HXRYUUqk
  4. [ 編集]

No title

レスが遅くなりましてすみません。
夕べは疲れて帰宅して、なんとか一日分の更新をしてバタンキューでした。

コプキュラリラスさん
実際に便器の中から見たら、光の関係で、
たぶんお尻の穴などもよく見えないのではないでしょうか。

とはいっても、やはりこのアングルには憧れますね。
こんな風に後始末を命じられてみたいです。
  1. 2008/04/03(木) 12:32:06 |
  2. URL |
  3. ゴミムシ #qzpFeN8w
  4. [ 編集]

No title

雪さん
ありがとうございます。
物語(私の場合は妄想)が膨らむときと膨らまないときがあって、
膨らまないときは苦労します。
  1. 2008/04/03(木) 12:36:20 |
  2. URL |
  3. ゴミムシ #frfncYbw
  4. [ 編集]

No title

健太郎さん
お~! すごいレポートをありがとうございます!

>5年ほど前に介護用の洋式便器を買って頭を便器の中に入れられるように穴を
空けたことがありました。

まずその行動力がすごいですね。

>後日、ラブホに持ち込んで試したのですが、

そういうお相手がいらっしゃるところが、実に悔しい、いえ、羨ましい。

>頭を差し入れて全裸で寝ていると、ハイヒールの音だけが床を打ち、近づいたか
と思うと便器の蓋が開き、私を見下ろす女王様がニヤニヤとしながら、パンティ
を下げて座られたのです。

うう、ドキドキします。
こういう「待っている時間」の陶酔感て、素敵ですよね。
遠足は前の日が楽しい、みたいな。

本を読みながら、いつ降り注いでくるか解らないお宝の水を待ち望んで、餌を待
つ小鳥のように必死に口を空けて待ったものです。
男根は驚異的に勃起したままだったらしいです。

>首を押さえてまったく動けない状態は、便器になりきった感覚でした。

この1行に想像力が限りなく膨らみます。
ああ~。
  1. 2008/04/03(木) 12:41:19 |
  2. URL |
  3. ゴミムシ #FkCkxnIU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://anatanotoire.blog51.fc2.com/tb.php/230-4cfa0db7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゴミムシ

Author:ゴミムシ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる