FC2ブログ

私はあなたのトイレです2

人間便器に憧れる、豊満好き、熟女好きマゾヒストのブログです。

ただ恐怖を知る者だけが

優しそうに見えても恐怖の女性はいる
ヤプーズマーケットのブログに「面接調教」を受けた人の体験談が出ていました。
チリチリさんという方がこんな感想を述べています。

>覚悟して望んで参加させて頂いていたのに興奮して勃起する事は無く、ずっと縮みまくってました。(略)
正直、追い詰められていたので 恐怖しか感じない状態でした。
嬢王様方に何度も土下座したのも、M的感覚からより、殆ど命乞いに近く、本当に必死でした。

>実は面接調教の翌日、凜龍作品の取扱店がある秋葉原へ行ったのですが…
電気街で呼び込みをしているメイド喫茶のメイド様を見て、前日の恐怖がフラッシュバック(ToT)
メイド様に気付かれぬようコソコソと逃げるように通りすぎる私。。
完全にトラウマです(>_<)

これを読んで興奮しました。
おそらくこの方は、初めて本当の恐怖を味わったのでしょう。
この恐怖はネットやDVDや小説などからは決して与えられないものだと思います。
生身の、生きた女性からしか味わうことはできないものです。

実はこの恐怖を知るかどうかで、マゾヒストとしての性質が変わってしまうほどの、マゾヒストにとって重要なキーワードではないかと思います。
前に「マゾヒストはまずエゴマゾから出発する」と述べましたが、この恐怖体験が、エゴマゾから脱して本当の奴隷を目指すきっかけになることがあるのですね。

恐怖に裏づけられた悦びは、エゴマゾ的快感に比べて、はるかに強く深いように思います。
恐い女性の美しさは、単なる美人とかスタイルがいいなどというのとは比べものにならないほどの美しさなのです。
さきほどのチリチリさんもこう述べています。

>怖さが美しさを更に引き立てる。
嬢王様方は本当に気高く美しい女神様そのものでした。

>完全にメロメロでもあり、また調教して頂きたい気持ちと、怖すぎて逃げたい気持ち…

女性は恐ければ恐いほど美しい。
ですから、私の理想の女性のタイプは「恐い女性」です。

ちなみに、恐怖を感じるかどうかは、例えば顔立ちの美しさなどは関係ありません。
美人だから恐怖を感じるのではなく、恐いから美しく感じるのです。
恐い方が先ですね、私の場合は。

それでは、どういう女性に恐怖を感じるかといえば・・・
うーん、何だろう・・・
よくわからないけど・・・
目の光、かもしれません。

いわゆる外見が女王様タイプの女性に恐怖を感じるとは限りません。
逆に優しそうに見える女性が恐いことだってあり得ます。

私にも過去にお一人だけ、真の恐怖を与えて下さった女性がありました。
別段特殊な方ではありません。
ふだんはごく当たり前の主婦をなさっていた女性でした。
その方とは事情があって別れてしまいましたが、思い出すといまだに背筋がシャキッとするような緊張感を感じます。
それ以来、「恐怖の女性」とは出会っていませんが、いつかまたそういう方と巡り会えるのではないかと希望を抱いています。

男が一度女性の恐怖を味わったら、二度とその悦びから抜け出すことはできないでしょう。

スポンサーサイト
[PR]

  1. 2011/11/30(水) 01:23:47|
  2. 写真(他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

歌シリーズ「ど根○ガエル」

奴隷ってしぶといのね
♪どっこい生きてる、檻の中

  1. 2011/11/29(火) 01:23:45|
  2. 写真(他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

歌シリーズ「およげ!たいや○くん」

毎日死ぬほどの鞭打ち
♪毎日毎日ぼくらは一本の鞭で打たれて嫌になっちゃうよ

「嫌になっちゃうって?」
「い、いえ、そそ、そんなことありません。
鞭でご指導いただいて、し、幸せです!」

  1. 2011/11/28(月) 01:23:45|
  2. 写真(他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歌シリーズ「マ○・マ○・モ○・モ○」

遺さず食べなさい
♪まる○るもり○り、みんなたべるよ

  1. 2011/11/27(日) 01:23:45|
  2. 写真(黄金)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歌シリーズ「ブ○ー・ライト・ヨコハ○」

お前の傷口にかけてあげるわ
♪鞭の赤みがとてもきれいね横浜

「温かいものをかけてあげるわ。
傷口にしみてとっても気持ちいいわよ」

  1. 2011/11/26(土) 01:23:45|
  2. 写真(他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歌シリーズ「よこ○ま・たそがれ」

全部お前の口に
♪横浜、たそがれ、ホテルの小部屋

横浜とは隠語で・・・。ホテルの小部屋とはいうまでもなく・・・。

  1. 2011/11/25(金) 01:23:45|
  2. 写真(他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歌シリーズ「北の○」

お久しぶりです
♪アナル変わりはないですか。

  1. 2011/11/24(木) 01:23:45|
  2. 写真(他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たわわに

たわわなうんこ
たわわに実った果実、
という比喩がまさにぴったり。

  1. 2011/11/23(水) 01:23:45|
  2. イラスト(黄金)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豊満クンニ

奥様の性奴隷にしてください
「さあ、いいって言うまで舐めるんだよ。
私を満足させなかったらひどいめにあわせるからね」

こんな豊満な女性の性奴隷になれたら最高でしょうね。

  1. 2011/11/22(火) 01:23:45|
  2. 写真(他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しょっぱいおしっこ

憧れの奥様の…
「今日は一日運動したから、しょっぱいかもね」

  1. 2011/11/21(月) 01:23:45|
  2. 写真(聖水)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

果実

香り高い大便
「お前のためにご馳走を用意してあげたよ。
全部食べるまではそこから出さないからね」
  1. 2011/11/20(日) 01:23:45|
  2. 写真(黄金)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

忘れられない一言

トイレに行きたくなっちゃった
以前にネットで豊満人妻と仲良くなったことがありました。
仲良くといっても、その方のやっていたサイトを見て、私が一方的にファンになっただけのことですが。

アップされる写真にこまめにコメントなどつけていくうちに、次第に取り巻きの一人に加えていただけるようになりました。
メッセンジャーでチャットなどもしていただけるようになったんです。
私としては天にも昇る気持ちです。

あるときこんな会話をしました。

「昨日はみんなでピクニックに行ったよ」
「雨に降られませんでしたか?」
「天気は大丈夫だった」
「よかったですね」
「だけど、途中でトイレに行きたくなって困ったよ」
「・・・お、おトイレですか・・・」

こんな一言で私は興奮してしまいます。
私はMであることをその方に隠してはいませんでした。
ですから、もしかすると私を興奮させようとしてわざと言ったのかもしれません。
彼女はわざと私を興奮させてからかうことがよくありましたから。
私はわかっていても、彼女の意地悪に手もなくひっかかってしまいます。
私は思いきってこう言いました。

「も、もしぼくがお側にいたら、ぜ、全部飲んでさしあげるのに」

思いきって言ったものの、彼女がどう感じるのか、不安になりました。
なにしろ彼女は基本的にはノーマルな女性なのです。
変態的なことを言って気分を害されたら、嫌われてしまう・・・。
次の一言を待つ時間がとても長く感じられました。
やがて返事がありました。

「でも」
「はい」
「あのね」
「はい」
「小さい方じゃないのよ」
「ええっ」

何ということでしょう。
拒絶されるかと思ったら、さらに意地悪の追い打ちをかけてきたのです。
谷底へ突き落とされた気分です。
私の心は完全にズタズタです。
次になんと言えばいいのか、わかりません。
とはいっても、私の頭の中には一つの言葉しか浮かばないのです。
はたしてそれを言っていいのかどうか、混乱した私には全く判断がつきません。
私は熱に浮かされたままこう言っていました。

「○○さんの大なら、よよ、喜んで食べます」

メッセージを送信してから、すぐに後悔しました。
「ああ、ついに言っちゃった」という気持ちでした。
どうしよう、どうしよう・・・。
またまた、長い間。
いたたまれない気持ちです。
待って、待って、待って、彼女からの一言が返ってきました。

「そういう趣味はないけど」
「はい」(やっぱり言わなきゃよかった・・・)
「本当に食べてくれたら」
「はい」(??)
「愛を感じるだろうね」

うわ~。
もう完全にメロメロですよ。
その後どんな会話をしたのか全く覚えていません。

この「食べてくれたら、愛を感じるだろうね」という一言は、いつまでも忘れることはできません。

彼女とはリアルでお会いしたことは一度もありません。
その後、彼女のサイトもなくなって、だんだん疎遠になってしまいました。
今でも彼女の大なら絶対に食べられると確信しています。

  1. 2011/11/19(土) 01:23:45|
  2. 写真(他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

足舐め

私の足をお舐め!
どこかの海外サイトで拾ったイラストですが、
とても素敵ですね。

絵柄から判断して羽中ルイさんでしょうか・・・。

  1. 2011/11/18(金) 01:23:45|
  2. イラスト(他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

口に入った瞬間

大便が口に入った瞬間
女性の大便が口に入った瞬間、
男はいったい何を考えるのか?

  1. 2011/11/17(木) 01:23:45|
  2. 写真(黄金)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

美熟女の放尿

悩殺必至! 美熟女の放尿
なんとも色っぽい美人。
もしこんな美人にこんあことをされたら、
100人中99人の男はおしっこを飲むと思う。
間違いない!

  1. 2011/11/16(水) 01:23:45|
  2. 写真(聖水)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

豊満美人に敷かれる

一生あなたの下にいたい
素敵な写真を見つけました。
この豊満美人、素敵ですね~。
一生こんな方のお尻の下で暮らしたいものです。

  1. 2011/11/15(火) 01:23:45|
  2. 写真(他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

唾液とゲロ

唾液トロ~リ
愛する女性のセクシーなお口から、
トロ~ッと垂らされる唾液。
たまりませんね。

私、唾液には憧れます。
おしっこにも、うんこにも憧れます。
でもゲロには憧れません。

同じ女性の体から出るものなのに何が違うのかと考えてみると、
ゲロだけは女性の健康な状態からは出てこないんです。
ゲロを吐くことは、女性の体が何らかの無理をしていることになる。
だからそれを求めることは、女性に対して不敬なことである、
と、どうも私の無意識が考えているのではないかと思います。

もちろん人の嗜好はさまざまで、
これは正しいとか間違っているということではありません。
私がゲロを好まない理由を後から考えてみると、
どうもそういうことではないかという気がする、
というだけのことです。
  1. 2011/11/14(月) 01:23:45|
  2. 写真(他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きれいな写真

美しいうんこ
なんてきれいなうんこ写真。
心洗われますね。

  1. 2011/11/13(日) 01:23:45|
  2. 写真(黄金)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感情増幅

私の喜怒哀楽はあなた次第です
これは実際に本気で女性にお仕えした人にはわかっていただけるのではないかと思います。
逆にいうと、そうでない人にはわからないことかもしれませんが・・・。

ご主人様の前に出ると、自分がものすごく“感情豊かな人間”になるのです。
喜怒哀楽が増幅されて、日常ならほんのちょっとしたことでも、心から喜んだり、泣いたりするようになってしまいます。

例えば、「奴隷が風邪をひくなんてもってのほかよ」と言われたことがあります。
「人間並みに風邪をひくなんて生意気」「きちんとお仕えすることができなくなり、ご主人様に迷惑がかかる」という厳しいお言葉ですが、その裏には「ふだんから体調管理に気をつけなさい」という優しさが隠されていて、思わず涙ぐんでしまうのでした。

ご主人様の一挙手一投足が、奴隷にとって百倍千倍の意味を持ちます。
ご主人様がほんのすこし眉毛を吊り上げただけでも、身も凍る思いがしました。

あとになってふと気づきました。
ご主人様のまなざしは、奴隷を「無垢な存在」にしてしまうのだなあと。
  1. 2011/11/12(土) 01:23:45|
  2. マゾヒズム論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カミングアウトは

性具になることがぼくの夢です
私のようにノーマルでない性的嗜好を抱えている人の中には、なにか「カミングアウトするのが正しい」と思い込んでいる人が、ときどきあるようです。
しかし、カミングアウトはすればよいというものではない、と私は考えます。

基本的にカミングアウトは「自分のため」の行為です。
カミングアウトの理由は、偽りの自分でいることがつらいということですよね。
端的に言えば、自分が楽になりたいからにほかなりません。

例えば、性同一性障害などの場合には、偽りの自分でいなければならない苦しみには、まことに酷なものがあると思います。
なにしろ24時間、偽りの自分を演じていなければならないわけですから。
マゾヒズムの場合には、それらと同じように考えるわけにはいきません。

カミングアウトしたいという心の裡には、「偽りの自分でいたくない」という建前の後ろに、「自分の性的嗜好を相手に押しつけたい」といった本音が隠れていることが、往々にしてあります。
それでノーマルな恋人や配偶者にカミングアウトするのであれば、私はむしろ手前勝手な行為だと思います。

もし自分の性的嗜好を隠しながら社会生活が営めるのであれば、隠し通すことが愛する人に対する本当の思いやりだと思います。
カミングアウトは、された側にもそうとうに重い精神的負担を強いることになりますから。
隠すことによって溜まるストレスは、クラブへ行くなどして秘かに解消すればいいのです。
カミングアウトは、しなければどうしても収まりがつかない、生きていくことができないという人だけすればよいというのが私の考えです。

  1. 2011/11/11(金) 01:23:45|
  2. マゾヒズム論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おみ足の舐め方

唇を巻き込むようにして舐めるべし
こんな風におみ足を突き出されたら、どうしようもなく心がトロンとしてしまいます。

ところで、おみ足の舐め方については、たしか沼正三が『手帖』に書いていたと思います。
私が実際に舐めさせていただいたときも、この方法で行いましたが、女性からはお叱りを頂戴しなかったので、きっとこのやり方で良いのでしょう。

それは、大切なおみ足に歯を当てないように、唇を歯に巻き込んで趾(あしゆび)を口に含む方法です。
趾は二本ずつ含むと、指と指の谷間の汚れも掃除できて都合がいい、とあったように思いますが、なんといっても重要ポイントは唇を巻き込むことですね。

ぜひお試しあれ。
大切な大切な人に少しでも痛い思いをさせてしまっては、奴隷の名折れですからね。

  1. 2011/11/10(木) 01:23:45|
  2. 写真(他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

嫉妬深い女

「浮気なんかしたら許さないわよ」「ハイ」
テレビの「悩み事相談」みたいなコーナーでときどき、「妻が異常に嫉妬深くて困っています」という相談が寄せられたりします。
私がよく覚えているケースでは、夫婦で飲食店をやっているのですが、夫が客の女性と話しただけでも後でなじられるということでした。
相談に乗る側のタレントのいい加減な回答は覚えていませんが、私に言わせれば簡単なことです。
徹底的に「奥さまの物」になればいいじゃないですか、ねえ。
一人の女性に徹底的に支配されて生きるなんて、素敵ではありませんか。

私なら、毎日「愛してる」と言いながら足の裏を舐めます。
寝るときは必ずクンニします。
忠誠心をあらわすために貞操帯をつけることを申し出ます。
女性客としゃべったときは後でとにかく平謝りに謝ります。

  1. 2011/11/09(水) 01:23:45|
  2. 写真(他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

尊敬

尊敬しています
「お前、私を尊敬してるか?」
「はい、心から尊敬してます」

  1. 2011/11/08(火) 01:23:45|
  2. 写真(他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

男らしい男

男は男らしく
「ねえ、最近男らしい男って減ったと思わない?」
「おっしゃるとおりでございます」

  1. 2011/11/07(月) 01:23:45|
  2. 写真(他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うんこ知新

愛川咲樹さま
糞を食らわば皿まで。

泣きっ面に鞭。

黄金は口に苦し。

虫けらだもの。

二階から小水。

完食は1%のマゾヒズムと99%の努力である。

夫を奴隷にしたのではない、奴隷を夫にしたのだ。

奴隷の面に小便。

厳しく愛して、痛~く愛して。

便器はつらつ。

うんこはけっして嘘をつかない。

[うんこ知新]の続きを読む
  1. 2011/11/06(日) 01:23:45|
  2. 写真(他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

自然な気持ち

奴隷にして下さい
美しい女性を見て、
「奴隷になりたい」と思わない人の気持ちが、
私には理解できません。

客観的にみて少数者だということはわかっています。
でも、私にはそれが自然な気持ちなのです。

みんななぜ、女性の奴隷になりたいと
思わずにいられるのだろう?
  1. 2011/11/05(土) 01:23:45|
  2. 写真(他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

うんこの聖性

聖なる物
「汚れ」と書いてヨゴレともケガレとも読みます。
ところがヨゴレとケガレではずいぶん意味が違います。
ヨゴレたものは洗えば落ちますが、ケガレたものは洗うだけでは落ちません。
「きよめ」なければならないのです。

人が人の排泄物を忌み嫌うのは、それがヨゴレではなくケガレに属しているからです。
例えば、人が大便をした皿を「きれいに洗ったから使うように」と言われても、使うことができないでしょう。
十分に洗えば衛生面では何の問題もないはず。
それでもそれを使うことができないのは、ケガレたものは洗っただけでは落ちないからです。

しかし、人の排泄物のケガレは、時に反転して「聖(きよ)い」ものとなることがあります。
何によってか?

マゾヒストの倒錯によって。
聖なる女性の聖性そのものによって。
(この場合の「倒錯」は、マゾヒストの内部の視点から見たときは「洞察」と言い換えてもいいかもしれません。)

女性のうんこは、マゾヒストと聖なる女性との出会いによって、「ケガレた物」から「聖なる物」へと反転するのです。

この場合、単にヨゴレが落とされたのではなく、あくまでもケガレが「反転」して聖物になったのです。

それはこういうことです。
ヨゴレの「きたなさ」を仮に数値で表すとしますと、-3とか-4とか、そういうレベルです。
対してケガレは、-100というようなレベルになります。
非常に強い「きたなさ」であり、人々がケガレを拒否する度合いも桁違いです。
反転するということは、この「-」がとれて「+」になるということです。
-100から+100になる。
絶対値は変わらないわけです。
それは、-100から+3になるのとは質が違うのです。

マゾヒストの特質は、この反転を個人レベルで行うところにあります。
「あなたさまのうんこは、一般人にとってはケガレた物でも、私にとっては聖なる物です。なぜならあなたさまは私にとって聖なる女性だからです」
ご主人様のうんこを食べるということは、このような個人レベルの反転の表明であると言えるでしょう。
  1. 2011/11/04(金) 01:23:45|
  2. マゾヒズム論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

お尻の芳香

えもいわれぬ香り
ああ、このツーンとする香りは、
まさにあなたさまそのものの香りです。
しあわせです・・・。

  1. 2011/11/03(木) 01:23:45|
  2. 写真(他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奴隷の大役

大切な仕事
ぼくがこの大役を果たすことができるのも、
あなた様の支えとお導きがあるからです。

感謝しています。
心から。

  1. 2011/11/02(水) 01:23:45|
  2. 写真(黄金)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

きれいにお舐め

きれいにお舐め
うんこのついたお尻の穴って、
なんてセクシーなんでしょう。

もちろん舌できれいに舐めとるのは、
ぼくの大事な役目です。

  1. 2011/11/01(火) 01:23:45|
  2. 写真(黄金)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ゴミムシ

Author:ゴミムシ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる