FC2ブログ

私はあなたのトイレです2

人間便器に憧れる、豊満好き、熟女好きマゾヒストのブログです。

顔面騎乗と人間便器

太いの、行くよ!

うんこそのものが描かれていないイラストの場合、それが人間便器なのか、それとも単なる顔面騎乗なのか、判然としないことがあるであろう。

それために悩み、一晩中眠ることができなかった経験は、M男ならば誰しもあるはずじゃ。

そこで、人間便器を鑑定させたら日本一といわれるこのゴミムシ先生が、判定の奥義を伝授いたそう。

奥義その一
肛門の位置・角度と口の開き具合を見極めよ!


例えば、ここに紹介した春川ナミオ画伯のイラストを見るがよい。
美しい看護婦の肛門は、正確に奴隷の口をとらえておる。
その上、奴隷の口が大きく開いているように見えるであろう。
したがってこのイラストは、クンニリングスでもアニリングスでもなく、人間便器だと判定できるわけじゃ。

奥義その二
場所に注目せよ!


隣に便器(人間でなく本職の方)が描かれているなど、場所がトイレであった場合、上記の点が曖昧でも、人間便器と推定される。
推定されるというのは、明確な反証のない限り人間便器とみなすということじゃ。

奥義その三
全体の雰囲気を察知せよ!


それでも曖昧なものは、集中力をもって全体の雰囲気を察知するのじゃ。
女性や奴隷の表情、筆のタッチ、シチュエーションなどに注目して判断すべし。
どうしてもわからなければ、まあ、人間便器としておいてよい。
その方がお互いの幸せのためだからじゃ。

これを知れば、不眠に悩むこともなくなるはずじゃ。
だが一つ言っておく。
くれぐれも他言無用にな。

では、さらばじゃ。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2007/08/31(金) 01:19:45|
  2. 春川ナミオ(黄金)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

茶道の彼女

お茶をどうぞ


「さ、お茶をどうぞ」

隣の小部屋から出てくると、彼女はテーブルの上に容器を置いた。

二人きりになると、よくお茶をいれてくれる。
古き、良き日本女性のたしなみだろうか。
昨今はそういう女性が少なくなったと言われているが、ぼくの彼女は違う。
それがぼくの自慢でもある。

容器は九谷焼、と言いたいところだが、そうではない。
紙コップである。

彼女は茶道をたしなんでいるが、細かいことにはこだわらない。
「お茶を通して互いに通じ合う心があれば、形にとらわれることはない」
茶道の本質とはそういうものなのだそうだ。

それは、茶道について何も知らないぼくに対する思いやりででもあろうか。
彼女は本当に優しい女性だと思う。

「温かいうちに飲んでね」

そう優しく言うと、自分はソファに腰を下ろして形のいい足を組んだ。

「ありがとうございます」

彼女が心を込めていれてくれたのだから、ぼくも心を込めて礼を述べなければ。
そう思うと、自然にことばも丁寧になる。
同じ理由から、ぼくは床に正座した。
形にとらわれる必要はなくとも、彼女の真心には真心で応じたい。
それが彼女の茶道心に対するぼくなり礼儀である。

押しいただくように丁寧に、両手で紙コップを手に取る。
ほんのりと温かい。
玉露のように、高級なお茶ほど低い温度でいれるものだ。
もっともこのお茶は、玉露のような緑ではなく、明るい黄色だ。

顔を近づけると、馥郁たる香りが鼻腔を刺激する。
まず、ほんのひとくちだけ、含んでみた。

複雑な味わいが口いっぱいに広がる。
彼女のいれてくれるお茶は、そのときそのときで濃さが違う。
今日のは、濃すぎず、薄すぎず、ちょうどいい塩梅だ。

ふと目を上げると、こちらをじっと見ている彼女と目が合った。
婉然と微笑む彼女の顔は、本当に美しいと思う。

一口ずつ、舐めるように口に含み、胃に流し込んでいく。
一気に飲んでしまっては罰が当たる。

「おいしい?」
「はい、とても……おいしいです」

一口。ゴクリ。
また、一口。ゴクリ。
あと三分の一。
ゴクリ。
また、一口。ゴクリ。
あと二回だ。
ゴクリ。
これが最後の一口。
ゴクリ。

「ごちそうさまでした」

どうも彼女のいれてくれるお茶には、不思議な効果があるようなのだ。
全部飲み終えると、なぜかますます彼女のことがいとおしくなるのである。
惚れ薬でも混ぜられているのだろうか。

「お気に召したかしら?」
「はい、とっても……」
「そう、よかったわ。
夜は、あなたの大好きなものをご馳走してあげるわね」

ぼくは絶望と歓喜が共存する谷底へ突き落とされた。

   ◇ ◇ ◇

写真は、私の彼女が実際にいれてくれたお茶です。
もうずいぶん昔のことになります。

  1. 2007/08/30(木) 14:08:21|
  2. 写真(聖水)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

暗藻ナイト

さあ、ごちそうよ

「便秘がちなの」

と女性に言われると、感じてしまう。

「最近太っちゃって」

と言われると、「自慢か」と思ってしまう。

おバカな私。

イラストは暗藻ナイト氏。
SM雑誌の読者欄に投稿していた時代のもの。
暗藻ナイトさんについては、改めて紹介する予定です。
  1. 2007/08/30(木) 00:46:06|
  2. イラスト(黄金)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ウルトラヘブン

ウルトラヘブン作品の最終コマ

この画は、ウルトラヘブンという人が書いたマンガの最終コマです。

SM雑誌に掲載されていたのだと思いますが、いつごろ、何という雑誌だったのかは忘れてしまいました。

たしか、会社の課長がミホという名前のOLの奴隷になるという、他愛もないストーリーでしたが、なかなか良かったです。

次のような台詞を覚えています(記憶で書きますので細部は違っていると思います)。ミホの友だちのOLと課長の会話です。

友人「課長さんもミホのドレイにしてもらったら?」
課長「ドレイ?」
友人「カッコイイ男の子でも、なかなかしてもらえないんだよ」

この台詞にグッと来ちゃいました。
ミホさんには奴隷志願者がたくさんいるんですね~。
恋人はおろか奴隷にすらなれない男がたくさんいるという、女と男のあいだの不平等感には、勃起を禁じ得ません。w
お互い男はつらいですよね。(泣)
そういう状況で奴隷にしてもらえた課長は、まことにラッキーな人と言わねばなりません。

ミホが突然つぶやきます。

ミホ「あ、何か私、催して来ちゃった」
友人「こいつを便器の代わりに使ったら」
ミホ「そうね。そうしよっ。ねぇ、誰か来ないか見張ってて」
友人「はーーい」

これが最後から2頁目の全台詞。
頁をめくると、↑にアップした最終コマになるわけです。

さて、もう1枚画像をアップしておきました。↓
いわずと知れた春川ナミオ画伯のイラストです。

この2枚を並べてみると、ほら、すぐに気づくことがありますでしょう。

そうなんです。
この2枚は全く同じ構図なんです。
女性は画面左を向いてうんこ座りをしていますが、状態をぐっと前に傾けているところ、振り返るように奴隷を見ているところ、肘を曲げた左手、奴隷の頭を右手で押さえているところ、ハイヒール、全体のフレームの切り方など、ことごとく似ています。

両作品が発表された年月はわかりませんが、春川作品のほうがずっと早い時期に世に出ていたと思います。
つまり、ウルトラヘブン氏が春川画伯のイラストを参考にして描いたことは明らかです。

いえ、盗作だなんだと言っているのではありません。
春川作品が後進にいかに大きな影響を与えていたか、ということが言いたかっただけなのです。

ウルトラヘブンさんには、ぜひまたこういう作品を書いていただきたいと思います。

春川ナミオの黄金イラスト

[ウルトラヘブン]の続きを読む
  1. 2007/08/29(水) 13:04:46|
  2. 春川ナミオ(黄金)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

リンク先の紹介

ほら、こんなに出たよ。お前の大好物だろ。

リンク先のご紹介をさせていただきます。
今後もリンクを追加したときには、このページに短い紹介文をアップします。
このページ自体にも左の「Links」から飛べるようにしておきます。

ご支援掲示板

当ブログ併設の掲示板です。画像や情報をぜひお寄せください。風俗嬢やAVの宣伝もOKです。使い方についてはこちらをごらんください。

人妻☆雪のつぶやき部屋

豊満人妻であらせられる雪さんのブログです。「豊満人妻」なんという隠微な響きでしょう。おまけにS気も多分にお持ちでらっしゃるという、ほとんど理想の女性といっていい女神様です。雪さんのコメントに当サイトは救われています。

Hightide Video

外国のAV制作メーカーです(リンク先はトップページではありません)。幅広くスカトロ系の作品を作っていますが、S女M男に関する作品はページの中ほど、「PRAYING MANTIS」のコーナーに並んでいます。サンプル画像とサンプル動画が楽しめます。こちらも参照。

むつみのエロんな日記

「SM豊満族」「ヘルス豊満族」で働く豊満女神・吉井睦深(むつみ)さんのブログ。一度街頭でおみかけしたのですが、すっっごくきれいな方でしたよ。SもMもノーマルも対応してくださるようですので、男性諸氏はぜひ遊びに行かれてはいかがでしょう。

M男の部屋

M男性mitさんのブログ。とにかく記事が充実しています。SM体験談、サイト紹介などのSM情報など、読んでいると時間を忘れます。特筆すべきはM男系ビデオのレビュー記事。紹介の仕方がきめ細かくて、実際に見ているように興奮してしまいます。基本的に好意的な紹介なのもいいですね。

北川プロ公式サイト

SMビデオの老舗「北川プロ」の公式サイト。主催者の北川繚子さんは、この世界に長く君臨してきた本物の女王様。今でもおきれいですが、若い頃の美しさといったらもう…。「北川プロ編集日記」は、ビデオ制作裏話が特筆ものの面白さ。たまーに春川ナミオ画伯の音信が紹介されたりもします。こちらも参照。

禁断の女子トイレ

「女子トイレや女子人間便器に興味がある方のために私自身の体験を元に作成しているHP」とのこと。スカトロマニアではなく、女性を崇拝しているからこそ排泄物も口にすることができる、というスタンスは当ブログと共通していて、共感します。携帯版の方はPC版とはまた少し違うテキストがアップされています。

超醜い豚便器

男が若い女性にうんこを食べさせられる内容のDVDを制作しているメーカーです。監督の超醜い豚便器さんは、初期の作品には男優としても出演しているM食糞マニア。サイトには作品の画像だけでなく動画もあります。また、ブログ「食糞人生記」は自身の体験を綴っていて貴重な読み物になっています。
こちらも参照。

ポチャM熟女T美の巨尻日記

ポチャM熟女T美さんの写真を旦那さんが紹介しているブログです。T美さんのむっちりとしたお体は、私にとっては一つの理想型です。Femdomサイトではありませんのでご注意ください。うんこはときどき少しだけ出てきます。ちょっと広告が多くて重いです。

舐め犬の遠吠え

KENJIさんのFemdomブログです。女性との主従関係を知的に考察した文章が多く、上品、かつ、刺激的です。顔面騎乗・クンニ・聖水に関する記事は多いのですが、黄金についてのそれは今のところありません。でも、黄金願望は「妄想内では究極の屈辱として常にある」そうですので、きっとそのうち・・・。

甘美会

SMビデオを制作・販売しているメーカー。現時点で66の作品がリリースされている中で、黄金便器ものは10作品ありますから、かなり力を入れているといってよいでしょう。女王様が大人の女性であることが多く、中には豊満女性もいるところが素敵です。サイトの管理はあまり良いとはいえず、ちょっと残念です。こちらも参照。(07.10.9)

Scatqueens-Berlin

ベルリンの Mistress Michelle の人間便器サイトです。DVDの紹介に重きを置いていますが、新作のリリースが他のメーカーに比べると頻繁です。Mistress Michelle は、美人で、スタイルも良く、こんな女性になら便器としてお仕えしたいなあ、と思わせる魅力をもっています。動画も置いてあります。こちらも参照。(07.10.12)

”匂いフェチ”の館

美しい女性の芳しい「匂い」に魅せられ、女性の忠犬として生きることを望んでいるシロさんのブログ。中身を拝見すると、エゴマゾ的匂いフェチではなく、女性にきちんとお仕えすることを望む正統的マゾヒストだということがわかります。ときどきアップされるプレイ写真は、雰囲気が伝わってきて興奮させられます。(07.10.14)

なお、「私はあなたのトイレです」はリンクフリーとします。

※イラストは春川ナミオ初期の作品。
  1. 2007/08/29(水) 00:09:16|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

続・父子エレジー

父子で麗子様の排便にお仕えする

おねえちゃんがうちへ来てから、いつのまにか一ヶ月がたった。
パパはおねえちゃんのドレイにしてもらおうと、いっしょうけんめいに働いている。
あんなにいっしょうけんめいにはたらいているパパなんか、見たことないや。
きっとおねえちゃんのことが本当に好きなんだと思う。
いっしょに暮らすうちに、なんだかぼくも、おねえちゃんのことが好きになってきちゃったなあ。
今日はいよいよ合格かどうか、決まるんだって。
パパにはぜったい合格してほしいと思う。

いよいよ今晩だ。
夕食を終えて、後片づけが済んだところで、麗子様の宣告があることになっている。
私はこの一ヶ月のあいだ、全身全霊をもって麗子様にお仕えしてきたつもりだ。
一日二十四時間、麗子様のことだけを考えてきた。
まさか不合格なんてことはないだろう……。
いや、考えてみれば失敗もいろいろした。
買い物に行ってご命令のお品を買い忘れたり、障子の桟に埃が溜まっていたり、その度ごとにお仕置きを頂戴した。
私の体中に麗子様からいただいた鞭の跡がついている。
それはそのまま、私が奴隷として至らなかった証拠だ。
こんな体たらくで奴隷にしていただけるのだろうか…。
あれだけお美しい方だ、奴隷志願者は山のようにいるだろう。
もし不合格だったらどうしよう……。
麗子様の奴隷になれなくて、私は生きている意味があるのだろうか……。
いや、よそう。
そのときのことは、そのときに考えよう。
今はただ、目の前にある仕事を誠心誠意片づけることに専念しよう。

正文は最後になるかもしれない今晩の食事を作り始めた。

丹精こめて作ったタンシチューを、麗子様は全部召し上がって下さった。
麗子様が食べている姿を、正文はチラチラと盗み見ていた。
肉や付け合わせの野菜が、麗子様の形のいいお口に入り、噛み砕かれて体内に送り込まれていく。
その姿を見ながら正文は思った。
ああ、なんて麗子様はお美しいのだろう。
まるで女神だ。
食事をする麗子様の姿を目に焼きつけておこう。
二度と見ることができなくなるかもしれないから。

ああ、もうすぐだ。
もうすぐ合否の宣告が下される。

正文は今朝からずっと動悸が収まらず、何ものどを通らなかった。
その緊張が、いま絶頂に達している。
空腹と緊張で、吐き気がする。

その時の来るのを恐れるように殊更にゆっくりやっていた後片づけが、ついに終わってしまった。
ほかにやることは何もない。
麗子様は居間のソファに座ってくつろいでいらっしゃる。

正文は覚悟を決めた。
彼は緊張の面持ちで、キッチンから居間へと静かに進んだ。
そして、高々と足を組んでいる麗子の前におごそかに座り、頭を床につけた。
何も言う必要はない。
緊張の時が流れる。
長い長い時間が経ったように、正文には思われた。
やがてはるかな天上から、麗子の声が響いてきた。

「一ヶ月、お前を使いながら考えたわ。
お前が私の奴隷にふさわしいかどうか、とね。
私の出した結論は……………残念ね」

目の前が真っ暗になった。
冷静に受け止めようとしても、涙があふれた。
麗子様の奴隷になれなくては、生きる意味がない。
死のう。
死ぬほかない。
涙は洪水となり、嗚咽となって正文の全身を支配した。

「……ばかね、最後までよく聞きなさい。
残念ね、お前は永久に自分の自由を失ったのよ、と言おうとしたのよ。
なぜなら一生私の奴隷として働くのだから」

正文はいっそう大きな声で泣き出した。
今度は嬉し泣きだった。

正文は泣きじゃくりながら、目の前にある麗子のつま先にむしゃぶりついた。
「ありがとうございます……ありがとうございます……ああ、麗子さま……幸せです、幸せです……ありがとうございます…」

そのとき、マサオが居間に入ってきた。
「パパ。ドレイに合格したんだね。よかったね。よかったね」
マサオも目を真っ赤にしていた。
「おねえちゃん、ぼくからひとつおねがいがあるんだけど、聞いてくれる?」
「まあ、なにかしら?」
正文も何だろうと思った。
「ぼくもおねえちゃんのドレイにしてほしいんだ」

「マサオ、お前なにを……」
「あはははははは」
麗子は笑い出した。
「そうなの、マサオくんも私の奴隷になりたいの。あははは」
「おねえちゃん、ぼく真剣にいってるんだよ。
おねえちゃんのことが好きになっちゃったんだ。
だからドレイになりたいの……」
「そう、ごめんなさいね。
うん、でもどうしようかな……」
「おねがいします」
マサオは父の隣に土下座した。
しばらく考えて麗子は言った。
「うん、わかったわ。
私の奴隷にしてあげる。
そのかわり、私の言うことは何でもきくのよ。
これからはおねえちゃんじゃなくて、麗子様と呼びなさい。
わかった?」
「うん……はい、わかりました、麗子さま」

「それじゃ、これから奴隷の儀式をするわ。
ちゃんと儀式を終えたら、二人とも正式に私の奴隷よ」
「はい」
父子は声を揃えた。
麗子は正文を裸にして縛り、床に寝かせた。
続いて、マサオも裸にして縛った。
「今からうんこをするから、正文は残さず食べなさい。
マサオは舌でお尻をきれいに掃除するのよ。
食べ残したり、汚れが残っていたり、あとで吐いたりしたら、合格は取り消しだからね。
さあ、行くわよ!」

馥郁たる香りが父子の鼻をくすぐった。


   ◇ ◇ ◇

「父子エレジー」の続編です。
前回と今回の画像は私がスキャンしたものです。
画質悪くないと思うのですが……。
うんこに色をつけたい誘惑に駆られます。w
  1. 2007/08/28(火) 00:25:58|
  2. 春川ナミオ(黄金)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

掲示板つくりました

Bill Ward のイラスト

ご支援掲示板をつくりました。こちらです。

人間便器(S女とM男)に関する画像や情報をご支援ください。
パートナー募集はNGです。

●画像について

モロ・ロリ画像は禁止です。
うんこのアップ画像は、私が好きなので、OKです。w
聖水・黄金は女性のものに限ります。

いま次の画像を探しています。

 ・「クロ」さんのイラストで黄金テーマのもの(複数)
 ・Bubbu Papa サイトに以前あった黄金拝受画像(2~3点)
 ・Bill Ward のイラストで、奴隷がベッド(か手術台)に寝て黄金をいただいているもの(ここに掲載したのが Ward のイラストです)

どれもお気に入りだったのですが、パソコンクラッシュでなくしてしまいました(泣)。
お持ちの方、どうぞお恵みください。

●情報について

サイト情報、本やコミックの情報、DVDの情報など、何でも結構です。

・聖水黄金プレイのできる風俗店やコンパニオンの宣伝
・聖水黄金を扱った本やコミックの宣伝
・聖水黄金DVDの宣伝

これらは貴重な情報とみなして、歓迎します。
ただし、質問には答えるなど誠実な対応をお願いします。
書き逃げはイヤですよ~。

サイト情報については、広告ばかりでどこに入口があるのかわからないような営業的サイトはNGとします。

どうぞよろしくお願いします。
  1. 2007/08/27(月) 14:22:27|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

Hightide Video

「BOOT SQUAD」より

「父子エレジー」の続編はすこし後回しにさせていただいて、今回は外国のビデオ制作メーカーの紹介をさせていただきます。というのは、久々の新作がちょうど出たばかりなんです。

Hightide Video というメーカーは、スカ系のかなりエグいビデオをいろいろ制作しているメーカーのようです。

http://www.hightide-video.com/

中には、女性同士だったり、男性が女性を責めるものもあって、そういうのは私の趣味に合いません。私の場合、あくまで女性が男を支配し便器にする、という形でなければダメなんです。

私の趣味に合うのは、このサイトの中の「Other Kink」というページの、さらに「PRAYING MANTIS」というコーナーです。

http://www.hightide-video.com/otherkink.html

このページの中ほどにあります。

ここに13本のビデオ(DVD, VHS)が並んでいますが、この13本目の作品「BOOT SQUAD」は、たぶんここ2~3日にアップされた新作です。

1人の奴隷男が、4人の女性から、オシッコを飲まされたり、うんこを食べさせられたり、散々にいじめられる内容のようです。かなりハードです。

そうそう。私の場合、文脈にもよるのですが、聖水とか黄金と呼ぶよりも、端的にオシッコ、うんこという方が好きなんです。「黄金を拝受する」というとなんだかインパクトを感じませんが、「うんこを食べる」というとこれはもう、すごいことだなと…。不快に感じる方はごめんなさい。

各作品について、サンプル画像とサンプル動画を見ることができます。特にサンプル動画は、かなり濃い内容でお薦めです。便器を使ってみたいS女性様や便器願望のあるM男諸氏は、ぜひご覧ください。そうでない方は、決して見ないでください。

今後もときどき、こうしたサイトの紹介をしていきます。とはいっても、あまりたくさんの情報をもっているわけではありませんので、情報がありましたらぜひお寄せください。
  1. 2007/08/27(月) 01:42:08|
  2. AVメーカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

父子エレジー

男の幸せって・・・

今日、パパの友だちの女の人があそびにきた。
れいこさんていうんだって。
すっごくきれいな人だったのでびっくりした。
「こんにちは、マサオくん。よろしくね」
とやさしく言われて、とてもドキドキした。
だって、すごく顔を近づけるんだもん。
ぼく、はずかしいよ。
それに、おっぱいも、おしりも、すごくおっきくて、
ぼくああいう女の人、なんか好きだなあ。へへへ。
30才って言ってたけど、もっとずっと若く見える。
だから、「おねえちゃん」って呼んだら、
ほっぺたにチューしてくれた。
とってもやさしいおねえちゃん。
おねえちゃん、今日はとまっていくんだって。
うれしいな。
ママが亡くなってもう3年。
あんな女の人があたらしいママになってくれたらいいのに…。
そんなことを考えながらねました。

夜中、おしっこがしたくなって目がさめちゃった。
おトイレのほうへ歩いていくと、あれ、あかりがついてる。
ドアがあいてるんだ。
なんだろう。
そおっと近づいていくと、あ、パパとおねえちゃんだ!
おねえちゃんがパパをいじめてる!
パパのかおの上におしりを乗せて、パパがくるしがってる!
なんで、なんで?
あんなにやさしいおねえちゃんが。
ぼくはかなしくなった。
ヒクッ、ヒクッ、エーンエーン。

「あら、マサオ君、起きてきたの?」
「エーン、エーン、おねえちゃんのバカ!」
「あらあら、泣いてるのね。そうか、おばさん…おねえさんがパパをいじめてると思ったのね」
「エーン、エーン」
「そうじゃないのよ、マサオ君。おねえさん、パパに頼まれてやってるのよ」
「エーン、うそだうそだー」
「嘘じゃないのよ。じゃ、パパに聞いてごらんなさい」

麗子は、正文の顔から尻を上げた。
「ハア、ハア。マサオ、麗子様…いや、麗子さんの言う通りなんだ。
これはパパが麗子さんにお願いしたことなんだよ」
「ほんと?」
「ほんとだとも」
「じゃあ、おねえさんがいじめてたんじゃないんだね」
「そうさ。
パパは麗子さんのことが、好きになってしまったんだ。
男は本当に女の人が好きになると、ずっと一緒にいたくなるんだ。
それで、麗子さんがおトイレに行きたくなったから、パパも一緒についてきたんだよ」
「ふうん、そうなんだ」
マサオは泣きやんだ。
「おねえちゃんがパパをいじめるなんて、変だと思った。
パパ、おねえちゃん、優しい?」
「ああ、麗子さんはとっても優しい人だよ」
「おねえちゃん。ぼくの新しいママになってくれるの?」
「ふふふ。どうかしらね。それもパパに聞いてごらんなさい」
「パパ。そうなの?」
「それが……麗子さんはお母さんにはならないんだよ。
パパは麗子さんにね、ドレイにしてくださいってお願いしてるんだ」
「ドレイ? ドレイって何?」
「マサオは子どもだからわからないだろうけどな、男は好きな人ができるとドレイになりたくなるんだ」
「ドレイって何をするの?」
「何でもするんだよ。
ずっと側にいて、女の人の役に立つことは何でもするんだ…。
するというか、させていただくんだ。
実はさっきもな、ぜひパパを麗子さんのトイレに使ってくださいって、お願いしたんだ」
「ト、トイレにって、ま、まさか…」
「そうなんだ、麗子様のうんこをいただいてたんだ」
「う、うんこって…」
正文はいつの間にか自分が「麗子様」と言っているのに気がつかなかった。
「うんこも食べられないようでは、麗子様のドレイにしてもらえないんだ。
パパはどうしても麗子様のドレイになりたいんだよ。
もう麗子様なしでは生きていけないんだ。
マサオ、お前も大人になればわかるよ。
だから、黙って見てておくれ」
マサオは頭の中が真っ白になった。
何が何だかわからなかった。
「さあ、もういいかしら?」
「はい、麗子様。
お手間をとらせてすみませんでした。
よろしくお願いします」
「じゃあ、続き行くわよ」
麗子の巨大な尻が、再び正文の顔を覆った。

   ◇ ◇ ◇

だんだん妄想が長くなってすみません。
この画には続編があるんです。
ということは、続編も書かなきゃなあ。
  1. 2007/08/26(日) 09:58:00|
  2. 春川ナミオ(黄金)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

女子大生の日記

私のウンチなしでは生きられないのよ


10月10日(月)
お風呂に入っていると、脱衣所の方でゴソゴソと音がする。
様子をうかがってみると、なんと下着ドロボーだ。
怒った私は素早く風呂から出て、下着ドロボーを取り押さえてやった。
私は85kgもあり、中年の小男を完全に組み敷いた。
女子大生だと思ってなめている。
絶対に許さないわ。
警察へは出さずに、徹底的に責めぬいてやろうと決めた。

10月13日(木)
こういう変質者には女の恐ろしさを思い知らせてやろうと、柱にしばりつけた。
そして、小男の顔を仰向かせ、お尻をゆっくり落としていった。
小男は息ができなくて、苦しがっている。
そのまま全体重を顔にかけると首の骨が折れそうになった。
でもまだ許さない。
私の巨尻の下で失神するまで、私は体重をかけ続けた。

10月15日(土)
捕まえてからほとんど飲み物食べ物を与えていないので、体力も弱って限界に近づいたみたい。
このまま殺しちゃってもいいんだけど、優しい私は情けをかけてやることにした。
縛ったまま小男に口を開けさせ、オシッコを与えてやろうと思う。
久しぶりの水分で、小男はゴクゴクと喉を鳴らしていた。
男にオシッコを飲ませるのって、すごく快感。

10月17日(月)
男を捕まえてから今日で一週間になる。
水分(オシッコ)は与えたけれど、食べ物は残飯をほんの少しやっただけ。
もうすぐ死んじゃうかも。
でも、このまま死んじゃったら、ちょっと可哀相な気もする。
すっかり私を怖がって、私の言うことなら何でもきくようになったし。
ようやく女の恐ろしさがわかったみたい。
よし、小男を生かす為にウンチを与えることにしよう!
嫌がって食べなかったら、そのまま死んじゃえばいいわ。
私が小男の前にお尻を突き出すと、夢中で吸いついてきた。
んふふ、やっぱりね。
お腹に力を入れると、すごく太いのが口の中へ入っていくのがわかる。
小男は必死で飲み込んでいる。
ああ快感!!
この男は私のウンチなしでは生きられないんだわ。
そんな男が可愛いい。でも許さない。
お前は一生私の奴隷として、トイレとして生きるのよ。

   ◇ ◇ ◇

4枚連作の最後の1枚です。
女性の日記の一部が画に書き込まれています。
それを活かしながら、想像力で、いえ妄想で、補ってみました。
  1. 2007/08/25(土) 11:27:45|
  2. 春川ナミオ(黄金)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

憧れの女性上司

残したら二度と使わないよ

福原恵子は社内きってのエリート社員である。
仕事が抜群にできるだけでなく、たぐい希な美貌で、誰からも一目置かれる存在だった。
とりわけ男子新入社員からは、女神のように憧れられていた。
もちろん田中明夫も、恵子に思いを寄せていた一人である。

午後3時、恵子が息せき切って事務所に戻ってきた。
「ただいま」
「おかえりなさい」
みな口々に言う。
明夫もみなと同じように言ったが、自分の声が少し震えているの自分でわかった。
恵子と一緒にいると、それだけで少し緊張するのだ。
恵子が明夫の脇を風のように通り抜けると、汗と香水の混じった、何ともいい香りが明夫の鼻をくすぐった。
明夫は人にわからないように深呼吸した。
(ああ、いい香りだ)

うっとりとしていると、恵子と目が合った。
(しまった。馬鹿面を見られたかも…)
明夫の頬が赤らむ。
「田中、今いいかな?」
「ハイッ、何でしょう」
思わず直立不動になってしまい、また恥ずかしくなった。
「ちょっと来てくれる?」
「ハイッ」

連れて行かれたのは、女子トイレだった。
「ふう。取引先で催しちゃって、急いで戻ってきたのよ。
間に合って良かったわ。
さあ、裸になって、そこに寝て」
「え?」
「聞こえなかったの?
裸になってそこに寝なさい」
信じられなかった。
あの女神のような恵子様が……。
「お前をトイレに使ってやろうと言ってるのよ。
それとも、嫌なの?」
「いえ、そんな……ありがとうございます!」
あの恵子様がぼくをトイレに使ってくれる…。
恵子様にトイレに使っていただくことは、全男子社員の憧れだった。
しかし、かなりのエリート社員でも、なかなかしてもらうことはできなかった。
それだけ競争が激しかったのである。
それが今……。
「早くしないと、ほかの人に食べさせるよ」
明夫は、慌てて一糸まとわぬ姿になり、トイレに仰向けになった。
「さ、いいかい。
少し多いかもしれないわ。
行くよ。
大きく口を開けて。
少しでも残したら、二度と使わないから…」
(誰が残すものか…)
そう思いながら、明夫は思い切り口を開けた。
明夫は幸福の絶頂に達した。

   ◇ ◇ ◇

続いて春川ナミオのイラストです。
ちょっと彩色してみました。
某所に貼ったのと同じものですが、煙草は苦手なので消してしまいました。
春川先生、すみません。
  1. 2007/08/24(金) 02:54:33|
  2. 春川ナミオ(黄金)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

先生と生徒

先生のうんこ、残さず食べなさい!

手元にある人間便器画像(聖水、黄金)を少しずつ紹介しながら、下らないことを述べていこうと思います。

半年ほど前にパソコンが壊れて、データが全部なくなってしまいました。仕方なくまた少しずつ集めていますが、もう手に入らない画像も多くがっかりしています。人間便器画像やサイト情報などをお寄せいただけるとありがたいです。

プロフィールにも使わせていただいた春川ナミオ画伯のイラストです。

先生と生徒でしょうか。

「今日は悪いことをしたから、先生のうんこを全部食べてもらうわ」
「えーんえーん、先生それだけは勘弁してください。もう二度と悪いことしませんから」
「今ごろ謝っても遅いわ。さあ、口を大きく開けなさい!」
先生の巨大なお尻が生徒の顔におおいかぶさってくる。
アナルが口の位置を確かめてくる。
生徒は口を開けるほかなかった。
「もっと、もっと大きく開けるのよ!」
「んが。あが……」
「さあ、出るわよ! 覚悟しなさい」
顔の上のお尻に力が入った。

  1. 2007/08/23(木) 15:57:53|
  2. 春川ナミオ(黄金)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

ゴミムシ

Author:ゴミムシ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる